IR情報 INVESTOR RELATIONS 中期経営計画

中期経営計画 『SHINKA Plus ONE』

当社グループを取り巻く環境は、新型コロナウイルスの感染拡大により世界レベルで先行きに対する混迷の度合いが深まる中、新たな生活様式の定着や人手不足によるコストの上昇、デジタル化社会への変革、SDGsに対する意識の高まりなど、事業環境は加速度的に変化するものと考えます。

節目の『創業百年』から「百年の先」へと新たなステージを迎え、次のターゲットを「創業110年目(2029年度)」に定め、その長期ビジョン実現に向けた2021年度からの3ヶ年を第Ⅰフェーズとする新中期経営計画を策定いたしました。

長期ビジョン<TOLI VISION 2030>

ライフスタイルをデザインする企業へ

百年の歴史で積み上げたモノづくりのレガシーを礎に、人々の生活になくてはならない価値を創造できる企業でありたいという思いが込められています。東リグループは無限の可能性を追求し、未来へ、次の百年へ歩み続けてまいります。

5つの重点戦略

A「コア事業の強靭化」、B「伸びしろ事業の成長拡大」、C「第5事業の創造」を進め、D「グループ横断機能の強化」で横串機能を高めるとともに、E「成長を支える経営基盤の構築」でグループ事業全体の基盤整備を進めます。

  • A コア事業の強靭化

  • B 伸びしろ事業の成長拡大

  • C 第5事業の創造

  • D グループ横断機能の強化

  • E 成長を支える経営基盤の構築

重点目標指標(連結)

<経営指標>

項目 「SHINKA Plus ONE」 経営指標
(2023年度まで)
長期経営指標
(2029年度まで)
売上高 950億円以上 1,000億円以上
海外 28億円以上 55億円以上
営業利益 30億円以上 60億円以上
ROE 5.0%以上 10.0%以上

<環境負荷低減目標>

項目 2023年度まで 2030年度まで
CO₂排出量(スコープ1・2※1(2020年度比) 30%削減
リサイクル率※2 85%以上 90%以上
産業廃棄物排出量※3(2019年度比) 40%以上削減 60%以上削減

※1 ス コ ー プ 1 : 東リグループの燃料使用にともなう直接排出
    ス コ ー プ 2 : 東リグループが他社から購入した電気の使用にともなう間接排出

※2 東リグループ国内主要生産拠点・東リ物流㈱および本社の排出物に占める、グループ内リサイクル+有価リサイクルの割合

※3 東リグループ国内主要生産拠点・東リ物流㈱および本社の排出物のうち、グループ内リサイクル+有価リサイクル以外の排出物