IR情報 INVESTOR RELATIONS コーポレートガバナンス

基本的な考え方

当社は、以下の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでまいります。

  • 株主の権利を尊重し、その平等性を確保するとともに、適切な権利行使のための環境整備に努めます。
  • 顧客、従業員、地域社会等、様々なステークホルダーとの適切な協働に努めます。
  • 適切な情報開示(非財務情報を含む)や株主との対話を通じて、経営の透明性確保に努めます。
  • 取締役会及び監査役(監査役会)の役割・責務を明確にするとともに、独立性の高い社外役員の活用等により、コーポレート・ガバナンスの実効性向上に努めます。

コーポレートガバナンス体制の概要

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「世界の人々の心豊かな空間環境づくりに貢献する」ことが使命であるとの考えのもと、株主様、お客様、並びに従業員等における企業価値を継続的に高めることを目的とし、経営のスピード向上及び監査・統制機能の強化を両立する経営組織体制を構築することと位置付けており、会社の機関として、株主総会、取締役、取締役会、監査役、監査役会及び会計監査人を設置しております。なお、役員の指名及び報酬に関して、その客観性と透明性を確保するために、取締役会の諮問機関として、独立社外役員を主要な構成員とする指名・報酬委員会を設置しております。同委員会は、現在6名(代表取締役・専務取締役・社外取締役2名・社外監査役2名)で構成されております。

取締役会は、現在8名(うち社外取締役2名)の取締役で構成され、月1回以上開催しております。取締役会では、経営及び業務執行に関する重要事項の意思決定を行うとともに、各取締役が業務執行の状況及び取締役会で必要と認めた事項を報告すること等を通じて、業務執行の状況を監督しております。

また、迅速かつ適正なる経営判断を行い、グループ経営全体の最適化を目指すべく経営会議・執行役員会を開催しております。経営会議は、取締役(社外取締役を除く)によって構成されており、原則月2回開催しております。経営会議では、株主総会、取締役会に付議する経営の基本重要事項や重要な経営政策全般にわたる事前協議を行っております。執行役員会は、取締役(社外取締役を除く)及び執行役員によって構成されており、原則月1回開催しております。執行役員会では、執行役員に対する経営方針の周知徹底と業務執行に関する報告及びそれに対する助言・勧告を行っております。

監査役会は、現在4名(うち社外監査役2名)の監査役で構成され、原則月1回開催しております。監査役会では、会社の健全で持続的な経営に資するため、客観的かつ独立した立場で取締役の職務執行を監査しており、監査の方針、会社の業務及び財産の状況の調査、その他監査役の職務執行に関する事項について決議しております。監査役は、取締役会、経営会議、執行役員会、その他重要な会議に適宜出席しているほか、自らの職務の執行状況や会計監査人の調査事項等について監査役会に報告しております。

当社は、社外取締役2名及び社外監査役2名との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。

なお、会計監査につきましては、有限責任あずさ監査法人と監査契約を締結し、監査を受けております。