よくあるご質問 INTERIOR FAQ

車椅子を使う人のための床材施工のポイントは?

車椅子を使っているので丈夫な床を探しています。洗面所など水を使う場所にはどんなタイプの床材が良いのでしょう。床の掃除は水洗いです。車椅子の足置き部分があたるので、壁の部分にも床材を張りたいと思っています。床材にはマチュアを使いたいのですが...。施工上の注意点などを教えてください。

Answer

洗面所などの床で最も気を付けなくてはいけないのは、水です

ご希望のように、壁に床材を張り上げる方法があります。硬い床材だと難しいのですが、下地に水が廻らないのでよいのではないでしょうか。小口のところはシール材でシールすることをお勧めします。巾木のような感覚で床材を使うわけです。同様に、他の部屋と床がつながっている部分も、シール材でシールして、裏面に水が廻らないように注意してください。シールすることによって、水などが染み込むことを防ぐのがポイントです。

水が裏面にまわると…

張る面積が広くて、途中でシートを継ぐ場合には、継ぎ目をシールするか、溶接するかしてください。裏面に水がまわると、床材が浮いてきたり、カビが発生して異臭がする原因になります。

マチュアNWの場合は、シール材は設定していないのですが、東リNSシールで似た色を選択して戴ければ良いと思います。

商品情報に関するお問い合わせについて

東リではインテリア総合メーカーとしてお客様の質問にお答えできるよう
「お問い合わせ窓口」を設定しております。

電話でのお問い合わせ

東リ株式会社 お客様相談室

0120-10-6400

受付時間:月〜金(土日・祝祭日は除く)
9:00〜12:00 13:00〜17:00

※資料請求に関するお問い合わせにつきましては、電話ではお受けできません。 右の「お問い合わせフォーム」ボタンからお願いします。

メールによるお問い合わせ