よくあるご質問 INTERIOR FAQ

美容室のための床材選びのポイントとは?

美容室の床の張替えを依頼されています。どの様なものが適していますか? また何か注意を要するようなことはあるのでしょうか。

Answer

理美容室の床には苛酷な条件が要求されています

毛染め液やパーマ液などきつい薬剤を多く使用し、しかも径の小さいキャスター椅子を使用することの多い美容室は、床にとって大変苛酷なところです。研究室や工場なみの耐薬品性と、美しい美観とデザインを一挙にかなえねばならないのですから。ちなみに理美容室の床材選びで特に気をつけないといけないことを書き出してみました。

まずは 毛染め液による汚染に注意して下さい

毛染め液には色々な種類がありますが、汚染性が高く、一度汚れたら取り返しのつかないことになります。材料的にみると、カーペットはもちろん、木床やビニル系床材も汚染されやすく、適していません。シャンプー台など毛染めを施す場所は、磁器タイルなどで仕上げることをお勧めします。 あわせて、単に床材をかえるだけでなく、周囲の床と段を変えて縁を切ったり、周囲にマットを敷くなど、毛染め液が外へ持ち出されない工夫を施すことが大切です。

ヘアースプレーなどの薬剤による汚れにも注意が必要です

パーマ液やヘアースプレーそのものでビニル床材が汚損されることは少ないようです。ただ、濡れた部分で滑ったり、靴裏などの汚れが付着してしまうことが有ります。対策としては、こまめに拭き取ることです。滑りにくい様にと凹凸の有る床材を選ぶと、汚れがとれにくくなる場合が有ります。つるっとした表面の物を選ぶ方が掃除しやすいでしょう。

理容台の周辺に人の動きが集中し磨耗することがあります

先ず、摩耗の原因となる砂をもちこまないこと。入り口にマットを敷いて、砂がたまらない内に掃除します。そして、耐摩耗性に優れた床材を選択します。美容師がたちづめの理容台周辺の歩行量はかなり多いものと予想されます。有効摩耗層が厚く、耐久性に優れたものを選択してください。美容師さんがキャスター椅子に座っているところはもっと苛酷です。にじりに耐えることのできる、耐動荷重性に優れた床材を選択します。あわせて、接着剤も耐動荷重性に優れたものを選択します。一般的には、シートよりもタイルの方が耐動荷重性に優れています。

ということで、お勧めは

摩耗の事を考えて、表面層の強い床材を選択して下さい。例えば、複層ビニル床タイルのプリントタイルなら、表面の透明ビニル層が厚いものを。またキャスターのにじりも考慮するのなら、シート床材よりはタイルを選択します。そして、入り口にはマットを敷き、砂やゴミなど摩耗の原因となるものを持ち込まない様にします。マットは汚れがたまらない内に交換します。放っておくと、たまった砂や埃をためこんで汚染の温床になってしまいます。 汚れにくくするためには、凹凸の少ないフラットなエンボスのものを選びましょう。凹凸があると汚れがたまりやすく、掃除の際にも汚れをとりにくくなります。

商品情報に関するお問い合わせについて

東リではインテリア総合メーカーとしてお客様の質問にお答えできるよう
「お問い合わせ窓口」を設定しております。

電話でのお問い合わせ

東リ株式会社 お客様相談室

0120-10-6400

受付時間:月〜金(土日・祝祭日は除く)
9:00〜12:00 13:00〜17:00

※資料請求に関するお問い合わせにつきましては、電話ではお受けできません。 右の「お問い合わせフォーム」ボタンからお願いします。

メールによるお問い合わせ