よくあるご質問 INTERIOR FAQ

カーペットがダニ発生の原因って本当?

カーペットを敷くとダニが発生するというのは本当ですか?

Answer

カーペットは暖かくて防音性もある、とても便利なものです。しかし、繊維を素材にしていて厚みもあり、保温性がよく、ゴミやほこりがたまりやすく、ダニの住処になるといわれることがあります。

確かに、一時期、カーペットがダニの住処だ!と大騒ぎになったことがありました。でも、その時の噂の背景は、カーペットの下にあった畳。ダニがくっついたままの東南アジア産のイ草で作った畳が問題だったのです。そもそも床下の湿気を往来させている畳のうえに、保温性のよいカーペットを敷いて、湿気だまりになってダニ天国にされてしまったようです。

気をつけてほしいのは

畳の上に敷くのはやめた方がよいでしょう。両方とも、湿気を通しますし、保温性がよいので、ダニに快適な空間を提供してしまうかもしれないのです。あと、ペットのいる家では、かなりこまめに掃除をしたほうが良いでしょう。特に毛は掃除機ではとりにくいので、粘着材のついたローラー状の器具や、ガムテープなどを重ねて利用することをおすすめします。もちろん高湿度にならないようにする、掃除をちゃんとするなどの基本路線は守って下さいね。詳しくは次で。

カーペットと仲良くつきあいたい!!

暖かさや騒音問題や転んだ時の怪我のことを考えると、カーペットほど優れた床材はありません。寒い冬にフローリングの床に座ってすごせますか? マンションのフローリングの床を歩く音って騒音になるんですよね。やっぱりカーペットがいいと思う人は多いはず。

特にダニが気になるなら、選ぶとき、湿気がたまりにくいナイロンやアクリル素材のものを、そして掃除しやすい毛足の短いものや、ループパイルを、選ぶとよいでしょう。ウールのカーペットを選んだときには、特に換気をよくして湿気を充満させないことも大切です。なんせ羊の毛なので、保温性も保湿性もよいのです。

そしてこまめな掃除。換気扇などを利用して湿気がこもらないようにし、掃除をきちんとしていれば、快適にすごせるはずです。

商品情報に関するお問い合わせについて

東リではインテリア総合メーカーとしてお客様の質問にお答えできるよう
「お問い合わせ窓口」を設定しております。

電話でのお問い合わせ

東リ株式会社 お客様相談室

0120-10-6400

受付時間:月〜金(土日・祝祭日は除く)
9:00〜12:00 13:00〜17:00

※資料請求に関するお問い合わせにつきましては、電話ではお受けできません。 右の「お問い合わせフォーム」ボタンからお願いします。

メールによるお問い合わせ