閉じる

一般ユーザ向けサイト「TOLI-LIFE.COM」

公式facebookページ

TOP > 海外情報 フィンランドフォーラム > 夢を求めて北極圏へ

海外情報 フィンランドフォーラム

夢を求めて北極圏へ

サンタクロースとオーロラ体験

2017.4.5 / ソニー・ナカイ(グラフィックデザイナー、在フィンランド)

だれでも一生に一度はサンタクロースに会って、子供の頃から不思議に思っている『サンタさんへの質問』をしてみたい。お互いの目を見つめ合いながら、直に語り合いたい。そんなささやかな夢があるのではないでしょうか? そこに夜空に現れる光の芸術『オーロラ』が現れたら、もう最高! 大空一杯にゆらめく、色彩のカーテンは、想像を超える神秘的な光景です。一度は体験したいと思いませんか? この願いをみたすために、フィンランド国の北極圏に位置するロヴァニエミ市へのロマンチックな旅を提案いたします。

さあ、オーロラとサンタの国へ!

地図でいえば、ヘルシンキから北へ約700kmにある緯度線(北緯66度33分)から上が北極圏(Arctic circle)です。飛行機なら1時間ちょっとの移動ですが、自家用車を積載する貨車付きの夜行電車の旅も選択できます。所要時間はおよそ12時間。当然、真っ暗で景色は見えませんが、人影のほとんどない駅に停車するたびに、ベッドに横たわったまま、かわいらしい木造の駅舎を眺めることができました。最北への旅という好奇心を、十分に満たしてくれます。

(写真左)車窓は暗いまま(写真右)真夜中の木造駅舎

(写真左)車窓は暗いまま (写真右)真夜中の木造駅舎

夜行運転中は、車両屋根のパンタグラフと電線の接触面に発生する青白いスパークの中に、線路に沿って積もった雪が見えるだけ。停車する田舎町の駅で下車する人の数をかぞえながら、静な空気と木造駅舎を目の前にして、時々うとうとしながら旅は続きます。途中で20カ所くらいの駅に停車しましたが、それらを後にするたびに、旅行気分は高まっていきます。そして、朝8時には終着駅のロヴァニエミに到着しました。

(写真左)ロヴァニエミ鉄道駅にひと昔の蒸気機関車が飾られています。「ポーポー」という情緒たっぷりの汽笛を想像しました。きっと鉄道ファンには、たまらないアンティークな汽車だと思います。(写真右)2月20日の早朝に着くと、まだ薄暗いままで気温は氷点下10度でした。ヘルシンキを立った夕刻にはプラス5度だったので、一晩で15度の温度差です。車は屋根なしの台車で運ばれるので、一気に氷点下になってしまいます。エンジンが凍結したまま、なかなかスタートしない車も何台か見かけました。

(写真左)ロヴァニエミ鉄道駅にひと昔の蒸気機関車が飾られています。「ポーポー」という情緒たっぷりの汽笛を想像しました。きっと鉄道ファンには、たまらないアンティークな汽車だと思います。
(写真右)2月20日の早朝に着くと、まだ薄暗いままで気温は氷点下10度でした。ヘルシンキを立った夕刻にはプラス5度だったので、一晩で15度の温度差です。車は屋根なしの台車で運ばれるので、一気に氷点下になってしまいます。エンジンが凍結したまま、なかなかスタートしない車も何台か見かけました。

ロヴァニエミの繁華街のデザインショップのウィンドウ前に、氷の椅子とテーブルの彫刻がありました。中に入ると恐竜の骨を模したリクラインイング・チェアー。これってデザイン、それとも興味をそそるだけのオブジェ? 座り心地の良さはありません。右下は子供部屋に似合いそうな巨大なムーミンの照明。女性オーナーのお兄さんがデザインした商品も販売されているとのことで、彼女が親切に案内してくれました。

ロヴァニエミの繁華街のデザインショップのウィンドウ前に、氷の椅子とテーブルの彫刻がありました。中に入ると恐竜の骨を模したリクラインイング・チェアー。これってデザイン、それとも興味をそそるだけのオブジェ? 座り心地の良さはありません。右下は子供部屋に似合いそうな巨大なムーミンの照明。女性オーナーのお兄さんがデザインした商品も販売されているとのことで、彼女が親切に案内してくれました。

左は街の夜景。レストラン、ホテル、モール、ショッピングモール、そして居酒屋も集まっています。零下10度でしたが、道端の屋台には、ラップランド地方の手芸品やトナカイの毛皮が並んでいました。

左は街の夜景。レストラン、ホテル、モール、ショッピングモール、そして居酒屋も集まっています。零下10度でしたが、道端の屋台には、ラップランド地方の手芸品やトナカイの毛皮が並んでいました。

おなじみのハンバーガー店は、世界最北地点でも同じデザインです。オーロラやサンタへの思いを込めながら、ゆっくり味わってみました。話題のバーガー肉は、トナカイの肉を調理しているかな?反射してわかりにくいですが、ポスターの写真は緑色に輝くオーロラです。

おなじみのハンバーガー店は、世界最北地点でも同じデザインです。オーロラやサンタへの思いを込めながら、ゆっくり味わってみました。話題のバーガー肉は、トナカイの肉を調理しているかな?反射してわかりにくいですが、ポスターの写真は緑色に輝くオーロラです。