閉じる

一般ユーザ向けサイト「TOLI-LIFE.COM」

公式facebookページ

TOP > 海外情報 フィンランドフォーラム > ストックホルムファニチャー見本市リポート

海外情報 フィンランドフォーラム

ストックホルムファニチャー見本市リポート

ストックホルム家具見本市にて

2014.04.24 / ソニー・ナカイ(グラフィックデザイナー)

ヨーロッパでは、「フィンランドは世界最北の国」というイメージが強いのですが、長年住みなれると、それも感じなくなっていました。今回、隣国スウェーデンの首都ストックホルムで開催された家具デザインフェア(見本市)に行くために、ヘルシンキ〜ストックホルム間の定期フェリーを利用しました。平年は2月中旬で零下20度が続く時季なのに、ストックホルムはプラス4度、帰路ヘルシンキに近づくと0度になっていました。船からバルト海を眺めていたのですが、ヘルシンキ到着の4時間ほど前になると、それまで凍っていなかった海が、急に真っ白に凍った景色に変わり、眼前に広がってくるのです。海氷の白さと、凍っていない海水の境界線がはっきりと見えてきました。「なるほどフィンランドはヨーロッパ最北の国だ」と思い直した次第です。

(写真左)ストックホルムに向けて出航。鯨を連想させる巨大なフェリーが氷をかき砕きながら、動き出しました。ヘルシンキの波止場を離れるとすぐにスオメンリンナの旧要塞島の脇を通過します。手が届きそうなくらいぎりぎりの距離を保って、ゆっくりとバルト海へ進んでいきます。オンザロックのアイスキューブの様に砕かれた氷塊が、船の周囲に一面に広がっています。 撮影時間は2月4日の夕方5時、天候は曇り。海は灰色でしたが、すぐに真っ暗になってしまいました。(写真右)翌朝8時、ストックホルム港が近づいてきました。天候は曇り、気温プラス3度。ヘルシンキよりやや暖かく、海氷は溶けていました。写真で見えるフェリーの後方は大型バスやトラック、乗用車の入り口で、前方が出口です。駐車場だけで2フロア、430台の車を収容し、乗客2300人の船室があります。船内には数多くのレストラン、理美容院、サウナ、プール、映画館、ゲームセンター、キャバレー、ダンスホールなど、すべての年代に相応しいと思われるスペースとサービスがあり、時計の音さえ忘れてしまいます。

(写真左)ストックホルムに向けて出航。鯨を連想させる巨大なフェリーが氷をかき砕きながら、動き出しました。ヘルシンキの波止場を離れるとすぐにスオメンリンナの旧要塞島の脇を通過します。手が届きそうなくらいぎりぎりの距離を保って、ゆっくりとバルト海へ進んでいきます。オンザロックのアイスキューブの様に砕かれた氷塊が、船の周囲に一面に広がっています。 撮影時間は2月4日の夕方5時、天候は曇り。海は灰色でしたが、すぐに真っ暗になってしまいました。
(写真右)翌朝8時、ストックホルム港が近づいてきました。天候は曇り、気温プラス3度。ヘルシンキよりやや暖かく、海氷は溶けていました。写真で見えるフェリーの後方は大型バスやトラック、乗用車の入り口で、前方が出口です。駐車場だけで2フロア、430台の車を収容し、乗客2300人の船室があります。船内には数多くのレストラン、理美容院、サウナ、プール、映画館、ゲームセンター、キャバレー、ダンスホールなど、すべての年代に相応しいと思われるスペースとサービスがあり、時計の音さえ忘れてしまいます。

港からバスで、ストックホルム中央駅へ行きました。1キロほどの近さです。駅周辺には昔の街区(ガムラスタン)と王宮殿があります。中央駅から通勤電車線に乗り替えてフェア会場まで4駅。首都の中心街から郊外に広がる景色楽しんでいるうちに、フェア会場の最寄駅に到着しました。

フェアではとにかく歩き続けますので、洒落た椅子でリラックスできる場所はありがたい限りです。会場に一歩足を踏み入れるとすぐに広くてリラックスできる空間があり、毎年お洒落な椅子とインテリアデザインでフェアの雰囲気を楽しませてくれます。

フェアではとにかく歩き続けますので、洒落た椅子でリラックスできる場所はありがたい限りです。会場に一歩足を踏み入れるとすぐに広くてリラックスできる空間があり、毎年お洒落な椅子とインテリアデザインでフェアの雰囲気を楽しませてくれます。

すぐ目の前に、スウェーデン家具デザインの巨匠、BRUNO MATTHSSONのブースがありました。その名前に惹かれて、迷いもなく、で最初のチェックポイントにしました。

この貫禄十分の椅子の名前は、EMBASSY CHAIR、つまり大使館の椅子です。ベルリンのスウェーデン大使館からのオーダーで作られました。薄い鉄板に「張り」をかけて立体化しながら耐久性をもたせた皮張りです。

この貫禄十分の椅子の名前は、EMBASSY CHAIR、つまり大使館の椅子です。ベルリンのスウェーデン大使館からのオーダーで作られました。薄い鉄板に「張り」をかけて立体化しながら耐久性をもたせた皮張りです。

これが椅子の基本なのか、よく勉強してみましょう。椅子の実物ノックダウンをパネルで説明しています。

これが椅子の基本なのか、よく勉強してみましょう。椅子の実物ノックダウンをパネルで説明しています。

照明デザイン

軽い素材によるシンプルなランプは、空へ上がる風船の様な軽さを表現して、インテリアを明るくしてくれます。

軽い素材によるシンプルなランプは、空へ上がる風船の様な軽さを表現して、インテリアを明るくしてくれます。

人気の高いフィンランド人デザイナーの照明シリーズで、レストランやショップでもよく見かけます。フィンランドのデザイン企業も頻繁にストックホルムで紹介しています。

人気の高いフィンランド人デザイナーの照明シリーズで、レストランやショップでもよく見かけます。フィンランドのデザイン企業も頻繁にストックホルムで紹介しています。